トラ監®

特長

トラ監を導入することにより、下記の作業を容易に行う事が可能です。

  • トラフィック監視
    ポート毎にトラフィックの閾値設定をすることで、設定値を超えた場合には電子メールの送信機能により迅速に検知できます。
  • データ収集・保存
    日々のトラフィックデータの収集・保存が可能で、条件を指定(ポート・機器・期間・分析方法等)することにより、トラフィックの傾向を把握できます。
  • ネットワーク機器構成情報の管理
    ネットワーク機器を登録(機器名・IPアドレス・設置場所・接続先等)することで、異常トラフィックを検知した機器を特定できます。